学科News(No.103) 11月6日、鳥取私立幼稚園フェスティバルに参加

 2010年11月6日、コカコーラウェストパークにある鳥取県民体育館において、鳥取市の私立幼稚園フェスティバルが開催されました。
このフェスティバルは、幼稚園に通う子ども達がいっそうの愛情と希望に満ちた日々を過ごせるようにとの願いを込めて開催されるものです。
今回は鷲見先生が顧問をしている「風の研究会」が、このフェスバルの参加要請を受けて、幼稚園児達に風車の作り方を教えて一緒に遊びました。

風の研究会ブース
風の研究会ブース

鳥取環境大学のブースだけでも200人を超す来場者が訪れ、幼稚園フェスティバルは大盛況

幼稚園の先生に手伝ってもらって一緒に!
幼稚園の先生に手伝ってもらって一緒に!

今回は当初の予想以上に人が沢山来て、環境大学のスタッフと幼稚園の先生方にも協力していただいても人が足らない状態でした。

色鮮やかな風車に子どもたちも興味津津
色鮮やかな風車に子どもたちも興味津津

風車の作り方を教えているところ

今回使った材料
今回使った材料

風の研究会とは

 部としては、「自然と親しむ」をテーマとしており、活動は、春に「こどもまつり」からはじまり、
夏に「さじアストロパークの星祭り」、秋に「幼稚園フェスティバル」他。部員は10名。

金田美咲(風の研究会部長)さんの感想

部長の金田さん
部長の金田さん

今回のフェスティバルはかなり大変でした。イベントが終わった後に風車で遊んでいる子供達を見た時に参加して良かったなと思いました。
これまで使っていたアルミ缶風車はここでは危ないので折り紙で風車を作りました。
また、途中で材料がなくなりかけるというハプニングも起きましたが、材料を買い足し、フェスティバルは無事に終了。皆さんお疲れ様!!