学科News(No.104) インターンシップで体験入学 ―気分は大学生―

 2010年11月9日(火)から12日(金)までの4日間、鳥取県立湖陵高校情報科学科の2年生3名の生徒さんがインターンシップの一環として、
情報システム学科に体験入学をしてくれました。
 湖陵高校では,毎年秋に進路指導の一環として、職場や学校などの将来の進路となる現場を数日間,実際に体験するインターンシップを行っています。
今年度は鳥取環境大学環境情報学部情報システム学科が初めて湖陵高校のインターンシップ先に加わりました。
 高校での授業時間は50分ですが,大学では90分になります。高校生の皆さんは慣れていないため、少しきつかったかも知れません。
また体験してもらった授業ですが、学科のほうでも配慮はしたのですが、いきなり高校2年生が聞いても理解してもらうことは難しかったと思います。
でもプロジェクト研究という自分で考えて答えを探しながら人間を育てるという授業については楽しんでもらえたと思います。

授業の様子
授業の様子

右の写真は授業中に作成したレポートにコメントをしてもらっているところです.わずか4日間ですが,実際に大学生と一緒に大学生活を体験してもらえたことは有意義であったと思います.次のような感想をもらいました.
・自分で単位を考えつつ生活していくところ.
・大学には自由な時間がたくさんあると思いました.
・中学,高校,大学でも予習,復習はとても大事なことだと改めて思いました.毎日の積み重ねが重要だと思いました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

時間割表
時間割表