学科News(No.130) 平成23年度卒論を製本 主要図書館に寄贈

 情報システム学科の卒業研究は,学生一人ひとりが卒業論文としてまとめ4年間の集大成とします。
このたび、平成23年度情報システム学科卒業生の卒業論文の製本が完成し学科に届きましたので、既に納品されていたDVDと共に、主要図書館に寄贈しました。

平成23年度卒業論文集

 既報(情報システム学科NEWS No.122, 2012.2.1)のとおり、平成24年1月に情報システム学科卒業研究発表会が本学で行われました。
卒業生は、研究発表会と並行して、研究内容をまとめた卒業論文を執筆しました。
卒業研究発表会における発表内容と、執筆された卒業論文が審査対象となり、卒業研究(プロジェクト7)の単位が認定されました。
 このたび、平成23年度卒業生の卒業論文をすべて収録した論文集が上製本され、情報システム学科に届けられました。
卒業論文は、論文集として製本するだけではなく、電子的に保存し、かつ配布や検索を容易にするために、DVDも作成しました。DVDには、
平成16年度から平成23年度までの情報システム学科卒業生の卒業論文と、
平成18年度から平成23年度までの大学院情報システム領域修了生の修士論文がすべて収録されています。

 写真1は、このたび納品された論文集と、既に作成されていたDVDです。
 出来上がった論文集とDVDは、先日、本学図書館、鳥取県立及び鳥取市立図書館、国立国会図書館に寄贈されました。

論文集とDVD
論文集とDVD

 

これまでの卒業論文集

 これまで8年間に亘る卒業論文集は、上記の主要図書館に寄贈されてきました。
それらは情報システム学科にも蓄えられていて、学生が随時参照することができます。
写真2は、上製本された8年間分の論文集です。

過去8年間の卒業論文集
過去8年間の卒業論文集