学科News(No.58) こんなにおもしろいとは思わなかった

-京都府立加悦谷高等学校での出前講義-


去る10月29日,情報システム学科の鷲見育亮教授が京都府立加悦谷高校にて出前講義を行いました.
京都府立加悦谷高校は日本三景のひとつ天橋立のすぐそばにある高校で,合唱部がフランツ・シューベルト国際合唱コンクールで4度の総合優勝をするなど,生徒・教員の皆様が非常に頑張っておられる高校です.
天橋立です
天橋立です

今回の出前講義では,受講生徒5人がそれぞれ希望するテーマを尊重し,また,大学に憧れるようにという高校側の要望に応えて,鷲見研究室の取り組み,研究内容,大学1年・2年で学ぶプロジェクト研究について説明を行いました.さらに,大学で大切なことは,知識の詰め込みではなく自分で考えて実行する能力を身につけることであり,このためのヒントを解説しました.今回のテーマは以下の3つです.

1. ラジコンを自動操縦させるためには?
2. IT社会に必要なディジタルの考え方~2進数・10進数とは~
3. 燃料電池車と電気自動車,どちらが普及するのか?

これら3つのテーマは,それぞれが90分程度かかる内容です.しかし,今回の出前講義では全部で80分というスケジュールだったため,各テーマのエッセンスを講義するとともに,大学でやる授業・研究とはどのようなものであるか,ということを中心に講義しました.
生徒の皆さんは集中力が途切れることなく最後まで熱心に講義を聞き,鷲見教授とのディスカッションを活発に行っていました.

講演中の鷲見先生
講演中の鷲見先生

スライドでわかりやすく説明
スライドでわかりやすく説明

出前講義終了後,生徒の皆さんは「こんなにおもしろいとは思わなかった」と非常に楽しそうな顔で感想を述べ,大学の魅力,本学の魅力に触れてもらえたのではないかと思います.情報システム学科ではこの他にも様々なテーマで出前講義を行っています.関心がおありでしたら,ぜひ大学Webページを見ていただければと思います.

みんなで記念撮影
みんなで記念撮影

非常に熱心に聞いてもらって,少人数の良さである双方向性の高い出前講義になったと思います.今後も出前講義の依頼お待ちしています.

鷲見先生談
鷲見先生談