学科News(No.64) 2009年度入学式

4月4日(土)10:00より、鳥取環境大学講堂で入学式が開催されました。

古澤学長から156名の学部生と3名の大学院生への入学が許可され、新入生を代表して、環境マネジメント学科の勝連さんが大学生活への決意を述べました。情報システム学科には25名が入学しました。学長式辞、理事長祝辞のあと、ご来賓から祝辞をいただきました。鳥取県知事平井様、鳥取市副市長様、鳥取県議会議長鉄永様、鳥取市議会議長中島様、鳥取環境大学を支援する会会長清水様、鳥取環境大学同窓会長田中様はじめ多くの方々が参列してくださいました。

式辞を述べる古澤学長
式辞を述べる古澤学長

平井知事は祝辞で次のように述べられました。
「現在、世界は『風が吹いている』。 金融経済中心から環境・生活を考えた社会へ、地球とのかかわり方を変えよう、とする変化の風が。環境というキーワードで経済も急速に変化しています。この変化の時代にみなさんは生きている。環境、デザイン、情報工学について、それぞれの立場で立ち向かって行ってください。」

祝辞を述べられる平井知事
祝辞を述べられる平井知事

林副市長は、鳥取市と鳥取環境大学とのつながりについて述べられた後、「今年度は鳥取道が開通し、いろいろなイベントが計画されています。鳥取はとても良いところです。大学というのは長い人生の中で大変貴重なとき。鳥取市で充実した大学生活を送ってください。」と、鳥取市のPRをしながら、エールを送ってくださいました。情報システム学科は鳥取出身の学生が多いですが、改めて地元の良さを認識し、県外からの学生と共に、勉学に励むと共に人間的成長をしてほしいと思います。

祝辞を述べられる林副市長
祝辞を述べられる林副市長

最後は、本学吟詠剣詩舞部のお二人(情報システム学科3年生)による演技で締められました。
新入生のみなさん、入学おめでとう。情報システム学科の教員、在学生そろって歓迎しています。

吟詠剣詩舞(情報システム学科学生)
吟詠剣詩舞(情報システム学科学生)