学科News(No.74) 2009年度後期始まる 「履修ガイダンス」

いよいよ後期の授業がスタートしました。それに先だって前日の9月24日に、履修ガイダンスが行われました。
情報システム学科では全教員も出席し、学年毎に、秦野学科長の挨拶を皮切りに、学生生活就職委員の豊田先生から大学生活や進路についての助言、
大学院の情報システム領域主任の今井先生から大学院進学のお勧め、教務委員の西澤先生から履修に関する注意がありました。
最後に、学生はチュータの先生から前期の成績表を受け取り、個別に履修指導を受けました。

学科長の挨拶は、次のような内容でした:

【1年生】
夏休みはどうでしたか?後期もまたがんばりましょう。夏休みの間に世の中でいろいろなことがあり、世の中は変化しています。
しかし、自分は自分で地に足をつき、ぶれずに。本学科のカリキュラムはしっかり作ってあります。ついてきて下さい。
メニュー(授業や指導内容など)は準備します。それをみなさんが積極的に食べないと意味がありません。積極的にやっていきましょう。
前期末にも話したように、やろうかやるまいか迷ったら、どうしようか迷ったら、やる。積極的にやっていきましょう。

1年生へのガイダンスでの秦野学科長の挨拶
1年生へのガイダンスでの秦野学科長の挨拶

【2年生】
2年生になると専門科目が増えてきますし、英語など人間形成科目もまだあります。充実感を持ってやって下さい。
大学に何のために来ているのか、将来、たくましく仕事をするために勉強しに来ている。充実感を持って積極的にやってほしい。

【3年生】
いよいよ充実した時期です。「専門科目」、「就活」、「研究」、やるべきことはいろいろあるので、自分でコントロールして下さい。
これら3つは、いずれも自分のためにやること。やることすべてが自分のためということは、今後、無いと思います。しっかりやって下さい。

【4年生】
 (大学生活が)「あと半年」の人が多いと思います。(入学してから)今までに3年半経ちました。さすが1年生とは雰囲気が違いますね。
課題は「単位取得」、「卒研」、「進路」、3つありますね。人によって違うと思いますので、自分でしっかりやって下さい。
この学科ではしっかりしたカリキュラムのもとに、しっかりした授業をしているので、しっかり勉強していれば大丈夫です。自信を持ってやって下さい。

ガイダンスを受ける4年生:卒業まであと半年
ガイダンスを受ける4年生:卒業まであと半年

【就活キックオフ】
3年生対象のガイダンスでは、これから本格化する就活のために、いかに内定を取ったか、3人の4年生が体験談を話してくれました。
企業の選択・絞り込み、第一志望の会社で不合格となった時のショック、気を取り戻しての挑戦、面接試験で聞かれたことなどの経験談。
また、一人で悩まない、試験は沢山受けて経験を積む、自分の長所は自分では分かりにくいので人に聞く、
大学のキャリア支援課をどんどん活用するなどのアドバイスがありました。

経験談とアドバイスをしてくれた4年生
経験談とアドバイスをしてくれた4年生