学科News(No.80) 第60回中国支部連合大会(広島市立大学)にて発表

 去る2009年10月17日広島市立大学において、
平成21年度・第60回電気・情報学会中国支部連合大会(映像情報メディア・電子情報通信・電気・情報処理・照明・電気設備)が開催され、
鳥取環境大学の鷲見研究室から4件の発表を行いました。
4年生の坂本尚幸君、3年生の金田美咲さん、窪田直哉君、小山将人君が日頃の研究成果を披露しました。
その模様を、鷲見教授からレポートしてもらいます。

若き研究者の登竜門!!に参加
若き研究者の登竜門!!に参加

発表参加した学生4人と鷲見とで記念撮影

小山君:発表開始。緊張のひととき
小山君:発表開始。緊張のひととき

発表スタート。まさに緊張のひとときです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

窪田君:これまでの研究成果を発表
窪田君:これまでの研究成果を発表

3年生にとっては、4月からスタートした
研究の内容評価をいただける発表でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金田さん:時にはムービーを交えて説明
金田さん:時にはムービーを交えて説明

途中、PCの画面が上手く映らないというハプニングがありましたが,乗り切りました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 坂本君:4年生にとって研究の総まとめへ向けてのとなる大会での発表
坂本君:4年生にとって研究の総まとめへ向けてのとなる大会での発表

小山君の感想:「外部での発表はとても緊張しましたが,とてもよい勉強になったと思います。
この経験を今後の研究に活かしたいです。」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鷲見教授からコメント

鷲見教授
鷲見教授

 今回の中国支部連合大会では、特に3年生が頑張ってくれました。この大会が、研究者として、また一人の人間として大きく成長するきっかけになってくれれば、何もいうことはありません。