学科News(No.86)2010年度 鳥取環境大学 学部・大学院 入学式

平成22年4月4日、鳥取環境大学講堂にて、2010年度 鳥取環境大学 学部・大学院 入学式が挙行され、学部生150名、大学院生13名の計163名が入学式に臨みました。情報システム学科には24名(3年次編入1名)、情報システム領域には3名が入学しました。

会場の様子
会場の様子

古澤学長は式辞にて、「鳥取環境大学は今年で開学10周年を迎える若い大学。みなさんがこの大学を作り上げていってほしい。」と激励しました。
学長式辞、理事長祝辞に続き、ご来賓の方々から祝辞をいただきました。鳥取県企画部長・髙橋様、鳥取市副市長・林様、鳥取環境大学を支援する会会長・清水様、鳥取環境大学同窓会会長・田中様をはじめ、多くの方々に参列していただきました。
高橋様からは次のような祝辞をいただきました。「21世紀は環境世紀。鳥取環境大学は21世紀にふさわしいリーダーの育成および学術研究を行う大学。163名の新入生が、本学において立派な成長をされることを期待しています。」

高橋 鳥取県企画部長
高橋 鳥取県企画部長

林副市長からは、次のような祝辞をいただきました。「鳥取環境大学で、自ら学び、若い柔軟な発想を持つ、環境マインド溢れるスペシャリストとして活躍されることを期待します。」

林 副市長
林 副市長

環境情報学部に入学した木島さんは、入学生宣誓にて次のように述べました。「鳥取環境大学で学べることに喜びを感じている。現実を知り、自ら考え、行動できるようにしたい。」
環境情報学専攻に入学した坂田さんは、「21世紀も10年が過ぎた。環境問題に対する意識は高まってきているが、依然としてその解決は困難である。私は鉱山の町で生まれた。その経験を生かして精一杯研究に励みたい。」と抱負を語りました。
最期に、本学空手同好会の演武が披露されました。

空手同好会の演武
空手同好会の演武

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。情報システム学科スタッフ一同、心より歓迎いたします。