学科News(No.101) 基本情報技術者試験(国家資格)で、2年生が一発合格!

めざせSE!~基本情報技術者資格取得講座~ 

 IT専門職を目指す学生に対して、国家資格「基本情報技術者」の合格を目指した資格取得支援講座を開設しています。秋季の定期試験で2年生2名の合格者が出ました!

1.講座の特長

 平成22年5月15日 「めざせSE!~基本情報技術者資格取得講座~」と銘打った特別講座がスタートしました。
半年にわたって開講し、現在受講生は、情報システム学科生25名。ようやく大学生活に慣れてきた1年生から就職活動中の3・4年生までと幅広く、
資格取得を目指したりSE(システム・エンジニア)という具体的な職業に興味を持つなど、各々が目標を掲げて参加しています。講座の特長は以下の通りです。

学科News(No.100) 10月23日、第61回中国支部連合大会(岡山県立大学)参加

 秋も深まってきた2010年10月23日(土)、岡山県立大学において、若手研究者の登竜門となる、平成22年度・第61回中国支部連合大会が開催されました。
本大会には、鳥取環境大学の鷲見研究室から、小山将人(4年)と平林克隆(3年)君が参加し、日頃の研究成果を披露しました。

若き研究者としての登竜門に参加
若き研究者としての登竜門に参加

参加した学生2人と、発表会場の立て看板前で記念撮影

3年平林君にとって初めて学外発表
3年平林君にとって初めて学外発表

中国支部連合大会に初参加の3年平林君にとっては、まさに緊張のひとときです。厳しい質問もレベルアップに向けての良い経験でした。

4年小山君にとって学部最後の発表
4年小山君にとって学部最後の発表

4年小山君は2年連続の発表です。2年間の研究成果総まとめの発表。研究のブラッシュアップに向けての良い経験になったでしょう。

鷲見先生も発表
鷲見先生も発表

学科News(No.99) 鳥取東高1年生、環境大でプログラミング講座体験

 去る2010年10月12日(火)、鳥取東高等学校1年生が授業(鳥取学)の一環で鳥取環境大学を探検訪問しました。
情報システム学科では、鷲見研究室が研究室公開を行いました。
鳥取東高校1年生のうち14名は、1グループ7名の2グループに分かれて、研究室が開催した『のりとはさみを使ったプログラム講座』に参加し、世界最先端のプログラミングをしっかり体験しました。

講座の様子
講座の様子

 講座中は、学生が講師役となって、高校1年生にパワーポイントを使って講義を行いました。実地でのプログラミングでは、紙に印刷された絵ブロックをはさみで切り、のりで貼り合わせてプログラミングができる『紙ブロっくん』という教材を用いました。
学生も講師・補助員をつとめました
学生も講師・補助員をつとめました

 
 
 
 
 

学科News(No.98) 鳥取環境大学オープンキャンパスで体験授業

 去る2010年10月3日(日)、鳥取環境大学のオープンキャンパスが開催されました。
情報システム学科の体験授業では、鷲見育亮教授による体験授業『のりとはさみを使ったプログラム講座』を行いました。
鷲見研究室では、総動員でこの体験授業に対応。当日参加した高校生8名と保護者の方も「のりとはさみで行うプログラミング講座」を体験しました。

1.jpg
1.jpg

体験講座のスタート

 プログラミング講座は、鷲見先生の説明後、研究室の学生が講師となって、参加の受講生にパワーポイントを使って説明。この講座では、紙に印刷されたプログラム機能の絵ブロックをはさみで切り取って、のりで貼り合わせてプログラミングができる、鷲見研究室発明の『紙ブロっくん』という教材を用いて、高校生とその保護者の方も一緒にチャレンジしました。

学科News(No.97) 鳥取県立図書館で公開講座(大人のためのプログラミング講座)

 夏休みの中、2010年9月4日(土)と9月18日(土)、鳥取環境大学の公開講座(講座名:大人のためのプログラミング講座)が、
鳥取県立図書館と米子・今井書店「本の学校」で開催されました。講師は情報システム学科の鷲見教授が担当しました。
鷲見研究室では、研究室の学生とともに『のりとはさみを使ったプログラミング講座』を開講、以下は鳥取会場での報告です。

鳥取公開講座の様子
鳥取公開講座の様子

「きょうは寝とれんなー」・・・入り口で開口一番、受講生の方が講習会のデモ走行を見られての言葉です。
鷲見先生の「一生勉強・一生青春」という優しい(?)言葉を胸に秘め、受講生にとっていつもとは異なった公開講座がスタートしました。プログラミング講座では、研究室学生が鷲見先生ともども講師となって、大勢の受講生の前でパワーポイントを使って説明しました。

コンテンツ配信