学科News(No.96) オープンキャンパスが大盛況

 

8月7日、8日および29日の3日間、オープンキャンパスを開催しました。
連日の暑さにもかかわらず、多くの方々にご来場いただき、熱気に満ちたオープンキャンパスとなりました。
その様子を紹介します。

学科紹介
学科紹介

 学科紹介では,本学科の特色である、質の高いきめ細やかな教育内容について説明しました。
綿密に組み立てられたカリキュラムや、教育内容に合わせて教員が執筆したテキスト、講義を円滑に行うための授業支援システム、実際の講義を録画した講義ビデオなど、本学科の特徴を体感していただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

学科News(No.95) 卒業生満足度アンケートで高評価!!

 鳥取環境大学では,学生さんが卒業する際にアンケートを行い,大学の運営に役立てています.
このアンケートは1期生が卒業する時から行っています.
 このほど,2009年度卒業生(2010年3月に卒業)に対して行ったアンケートの結果がまとまりました.
これによりますと,情報システム学科の卒業生は在学中の教育内容に対して不満はほとんどないということがわかりました.

グラフ1 教育内容全体について
グラフ1 教育内容全体について

卒業時に卒業生に対して行われているアンケートでは,教育内容をはじめとして,
大学の施設や学生生活など多岐にわたる質問が行われています.
今回は,このうちの教育内容に関する質問に焦点を当ててみました.
 教育内容に関する質問は主に次の3つになります.
 1.教育内容全体について
 2.講義の難易度について
 3.講義方法について
 

学科News(No.94) サークル活動が市報「とっとり」で紹介される

 本学科の学生が中心となってサークル活動している「MAB(中山間地域応援隊)」が,鳥取市報「とっとり」8月号の「シリーズ 元気です」で紹介されました.
MABのみなさんにサークルの活動内容と,今回取材を受けての感想を聞いてみました.

活動内容

 現在,13人のメンバーで,過疎化の進行で活力が失われている中山間地域の活性化を目的に活動しています.
活動内容は,田植え,農産物の収穫・出荷など中山間地域の農家の支援ですが,メインは産直市.
産直市は,中山間地域の農家から野菜を預かり,農家に代わって販売するというものです.
毎月第3日曜日の午前中に市役所本庁舎前で開催しています.皆様のご来店をお待ちしております.

市報の表紙
市報の表紙

 また,環大生を農家へ派遣する農業派遣バイトも行っています.

学科News(No.93) 学期末ガイダンス開催

 平成22年8月5日に情報システム学科による今年度前期の学期末ガイダンスが開催されました。
この学期末ガイダンスは本学では情報システム学科が独自に行っているもので、前期における学習および研究活動を総括し、
有意義に夏季休暇を過ごすための準備をすることを目的としています。

ガイダンスの概要

ガイダンスの様子
ガイダンスの様子

・ 学科長挨拶(今井先生)
・ 夏季休暇中の注意事項(吉田先生)
・ 講義関係連絡(齊藤先生・西澤先生)
・ キャリア支援課長講話(油谷課長)
・ 夏季休暇における課題について(情報システム学科全教員)
・ その他の連絡

 学科長の今井先生からは、夏季休暇だからこそ出来ることに取組み、充実した夏季休暇を過ごして、
これからの人生に生かして欲しいとの話がありました。

学科News(No.92) 公開講座「コンピュータはなぜ動くのか」を開催

 7月3日(土)と10日(土)に、情報システム学科の西澤弘毅講師による公開講座「コンピュータはなぜ動くのか~電気を使わない擬似コンピュータ体験~」を開催しました。
3日は鳥取県立図書館で、10日は米子市の今井書店「本の学校」(10日)で行い、合わせて59名の皆様に受講していただきました。
今回の講座は、「コンピュータはなぜ動くのか?」「コンピュータは自分の処理を理解しているのか?」といった素朴な疑問に対して皆で考えることを目的としました。
そこで、受講者の皆さんには、壇上で分担して絵を描いてもらったり、画用紙の並び替えに参加してもらったりして、コンピュータの疑似体験をしていただきました。

体験内容

・ 1枚の画用紙に対して、順番に7人の参加者に、与えられた命令に従って絵を追加してもらいます。

コンテンツ配信